私が医薬品の通販を利用するワケ

インターネット環境が整備されて、どのような家庭でもネット通販で簡単に医薬品が購入できるようになりました。
一時は色々な制限も設けられていたこともありましたが、それも今はなくなって本当の意味で気軽に利用できるようになっています。
私も先日、医薬品の通販を利用し、常備薬をいくつか購入しました。
まとめ買いをすることで送料も無料になりましたし、無駄な時間や労力をかけずに、クリックするだけで全てが解決するので大変楽です。
kusuri158特に私の場合は車の免許を持っていませんから、隣町にしかないドラッグストアに行くのはとても面倒なんです。
自転車で30分かけて行くか、電車かタクシーを使わなければならないです。
自転車でも疲れてしまいますし、交通機関を利用すれば無駄なコストが掛かります。
ですから、できるだけ医薬品は通販で購入することにしているのです。

ドラッグストアに行かない買い物にはもう一つメリットがあります。
ちょっと恥ずかしい商品を気軽に注文できるという点です。
たとえば私の場合は便秘薬と水虫薬、それにダイエットサプリメントなどが非常に買いづらいです。
店員さんや後ろでレジを待っている他のお客に、自分が便秘だとか水虫だとかは知られてくはありません。

ドラッグストアに行って、これらの商品を購入していたときは、誰もいないような時間帯を選んだり、人がいなくなるまでお店でウロウロしていたりと、大変無駄な時間と労力を使っていました。

また、店員さんが男性だったりすると、完全にその日は商品を購入することを諦めてしまうこともありました。
誰も私の体のことなんて意識していないことは十分承知していますし、気にすることすら馬鹿馬鹿しいことなのは分かっていますが、それでも恥ずかしいのだから仕方がないのです。
ただ、医薬品の通販でもショップによっては商品の包装に無頓着なこともあります。
また、商品名が思いっきり外部に書かれてしまっているときもあります。
このような無神経なショップの対応があると、激昂して二度と買いたくなくなります。
なぜなら配達員の人たちに、私がどんな商品を買ったのかが丸分かりになってしまうからです。
しかも、配達員の人たちは男性であることが多いです。

配達されてきた商品を受け取るときの、あのものすごい恥ずかしさを思い出すとと、今でも泣きたいです。
本当に穴があったら入りたい気分なのです。

ですから、最近はこのような自分にとって恥ずかしい商品を通販で注文するときは、医薬品の海外輸入代行サイトで頼むことが多いです。
海外の製品であれば商品名が記載されても分かりませんし、そもそもほとんどの海外輸入代行サイトが中身が全く分からないようにして、商品を送ってくれるんです。
家族にも知られたくない場合は、郵便局留めにもできるという気遣いまであります。
つまりどんな恥ずかしい商品を買っても大丈夫なわけです。
最近は送料無料の海外輸入代行サイトも多いですから、本当に便利になりました。